ガジェット

【iPhone】テザリングの設定方法。通信制限にならないために注意すべきことは?

<

どーも!ガジェットQ砲中の人、Qちゃん(@qtarou1111blog)です。

ブログを書く一人としてWifiが繋がらないのは死活問題です。そんな時についつい頼ってしまうテザリング。

テザリングって実際なんなん?ふとそう思ったので、テザリングについて徹底解説していきます。

テザリングを使う上で気をつけたほうがいいこと、通信制限にならないコツを公開!

携帯各社のテザリングの料金の違いなどを解説していきます。

テザリングとは?

テザリング(英: tethering)とは、通信端末を内蔵したモバイルコンピュータ(携帯電話回線に接続されたスマートフォンなど)を外付けモデムのように用いて、他のコンピューター等をインターネットに接続することである。

wikipediaより

めっちゃ簡単に言うと自分の携帯電話の電波を他のコンピューターやスマホに貸したりできることです。

自分のスマホの使っている電波(4G)をテザリングしたい機械に送ると、4Gの電波を使ってインターネットが繋がるようになります。

テザリングの種類

テザリングはテザリングなんやけど実は3種類のテザリングの方法があるので、紹介します。

どれにもメリットはあるので、用途に応じて使ってみてくださいね!

Wi-Fi接続でテザリング

一番iPhoneユーザーの僕が愛用してるのが、Wi-Fi接続を使ったテザリングです。

Wi-FiテザリングはiPhoneをWi-Fiルーターの代わりとして扱って、複数の端末でWi-Fi接続ができるテザリングです。

iPad、MacBookを同時にテザリングで使えるようにしたいときに使うテザリングです。

複数のデバイスを同時にWi-Fi接続することができる。

複数のデバイスを接続するので、バッテリーの消費が早い。

通信量を一気に持っていかれる。

iPhoneの名前を変更していない時、名前がバレることがある。(○○のiPhoneといった表記をわからないようにしておきましょう)

iPhoneの名前の変更方法はこちらを参考に!

Bluetooth接続でテザリング

Bluetooth接続は接続元になるiPhoneをBluetoothを通して他のiPadなどのデバイスに接続するテザリングです。

Bluetoothを使った接続方法なので、設定が簡単です。

接続はデバイス1台のみなので、バッテリーの消費が少ない。

1台しか接続できないので、複数端末同時に使えない。

USB接続でテザリング

安定性を取るのであればUSBを使ったテザリング接続です。

iPhoneをライトニングケーブルで接続するので、インターネットも安定しやすいです。

充電器に指しながら使えるといった点からバッテリーの心配をしなくていいので、PCを充電できるのであればこの接続方法がいいですね。

安定性があり、充電しながらテザリング接続ができる。

一台しか接続できない。

各キャリアのテザリングサービス

ここからはSoftBank、au、docomoの各社テザリングサービスの金額をまとめてみます。

現在時点docomoが無料でテザリングサービスをやってるので、一歩リードですね。

SoftBankのテザリングサービス

月額500円で利用可能

データ定額 50GBプラス/ミニモンスター
データ定額 20GB/30GB/50GB
家族データシェア 50GB/100GB
法人データシェアギガパック(50)/(100)
無料で利用可能
データ定額ミニ 1GB/2GB
データ定額(おてがるプラン専用)
データ定額 5GB
データ定額S(4Gケータイ
上記以外月額500円(加入から2年間は無料)

auのテザリングサービス

月額500円で利用可能

auピタットプラン
auフラットプラン20/30
auフラットプラン25 Netflixパック
データ定額20/30

受付終了プラン(U18データ定額20)

無料で利用可能

データ定額1/2/3/5
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(ケータイ)
スーパーカケホ(ケータイ)
VKプラン
VKプランS
VKプランM
LTEプランS

受付終了プラン(シニアプラン, データ定額1cp/3cp/5cp, データ定額1cp(auスマホはじめるプログラム専用プラン), データ定額8/10/13, データ定額cp(0.8GB))

上記以外月額500円(加入から2年間は無料)

docomoのテザリングサービス

2018年10月時点無料

テザリング愛用者が通信制限にならないための注意点

テザリング便利すぎてついつい使いすぎちゃいますよね!思わぬ速度制限にならない為にも注意点を守りましょう!

動画の自動再生は必ずオフに!

App Storeを開いた際やYahoo!、Facebookを使うときに以外と気づかない落とし穴があります。

動画を知らず知らずのうちに自動再生してませんか?

テザリングは自分の通信量を使ってインターネット接続をしているので、極力自動再生はオフにしておきましょう。

オンラインストレージ(ドロップボックス、グーグルドライブ)の自動同期に注意

これ、普段Wi-Fi接続を中心に使っている方は特に注意です。

ドロップボックス、グーグルドライブ、BOXを使用していて、テザリングを使っている時に自動同期をされると莫大な通信量がかかります。

特にムービーが自動同期されてしまうとそれだけで、少量のパケット定額サービスを使ってるユーザーは速度制限に近づいちゃいます。

自動同期は便利ですが、テザリングする人は手動のみの同期にしておきましょう

そのメールのファイルのアップロード、ダウンロードちょっと待った!

ビジネスマンあるあるですが、メールにエクセルを添付したり、資料を添付したりしますよね。

そのパワーポイントやエクセル結構ファイルサイズ大きいですよ!

メールの添付を開くのも、添付するのもかなりの通信量がかかってます!

NetflixやHulu使うのは即死フラグ

テザリングでiPadを使ったりすると、ついつい動画みちゃいますよね。

Netflix、Hulu、プライムビデオなどなど、正直一本映画見るだけで即死フラグです。

動画ストリーミングサービスはWi-Fiを必ず使いましょう。


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください